さつまいもで腸の具合が悪くなったらアレグラを飲もう

さつまいもは焼いたり、蒸したり、煮たりなどの調理法で美味しくいただける食品なので、大人から子供まで好きな人は大勢います。
お菓子やケーキにも用いられているので、秋になったら口にする機会が増えますが、さつまいもに対してアレルギーのある人が食べると、腸の状態が悪くなることもあるので気を付けなければなりません。
腹痛や下痢など、腸に異変が起こったり、蕁麻疹が出来てかゆくなったり、のどに違和感を感じることもあるので、もしそのような症状があらわれたら、アレグラのような薬を使って治すことをおすすめします。
アレグラに含まれている成分には、食品アレルギーによるさまざまな症状を抑える働きがあるので、腸の具合が悪くなったり、吐き気や蕁麻疹、のどの痛みなどが起こったときに飲めば、短時間で回復できます。
さつまいもに対して、アレルギー反応を起こす人は、じゃがいもや里芋などを食べても同じような症状があらわれたり、レンコンなどの根菜を口にしても、腸の状態がおかしくなることがあるので注意するようにしましょう。
さつまいもは他の食品に比べると、比較的アレルギーの発症が少ない食品だといわれていますが、まったく起こらないわけではないので、食べるたびにお腹を壊すような方は、避けるようにしてください。
それでも食べたい場合は、調理前に水にさらしたり、皮を取り除いたり、二度茹でをしたりすれば、アクが少なくなるので、アレルギー症状が起こらなくなる可能性があります。
また普段はアレルギーが起こらない人でも、風邪をひくなどして、抵抗力が落ちていると発症しやすいので、もしさつまいもを食べた後で具合が悪くなったら、すぐにアレグラを飲んで対処するようにしましょう。